スポンサードリンク

肌がよみがえる、3要素

スポンサードリンク
すでに傷んでしまった肌を蘇らせるにはどうしたらよいのでしょう?
そのポイントは、前にも出てきた

清潔・保湿・紫外線対策

この3つです。
シンプルケアを基本として、各自の肌に足りない部分をプラスして補っていくというスタイルです。これは、すぐに劇的な効果があらわれるわけではありませんが、あせらずに毎日続けることで、肌は昔の輝きを確実に取り戻していくことでしょう。
自分の肌とじっくりと向き合って、辛抱強く本物の肌をつくっていきましょう。

清潔=洗顔は優しさが大事

洗顔後は化粧水をつけましょうクレンジングと洗顔料によるダブル洗顔はもはや常識ですね。洗顔料は、細かな泡ができるまで十分泡立て、肌をこすらないようにやさしく洗いましょう。
にきびなどが気になる場合でも、1日に何度も洗顔するのは、過度の乾燥になる場合もあるので避けた方がよいでしょう。逆に、乾燥するからと朝は洗顔料を使わずに顔を洗う人もいますが、これも良くありません。寝ている間にでた皮脂や汚れが落ちきれていないので、化粧水が吸収されず結局肌が乾燥してしまいます。

保湿=美白の要

肌のタイプも人それぞれですが、どんなタイプの肌でも、保湿は十分にするのが正しい。きちんと保湿された肌は水分と脂分とのバランスも整い、ハリとつやが出てきます。
そのポイントは、洗顔後すぐに、たっぷりと化粧水を使うことです。乳液やクリームを先に塗ってしまうと、それらの脂分で化粧水がはじかれてしまい肌に浸透しなくなってしまいます。また、化粧水をつけた後は必ず乳液やクリームを塗って、肌に水分を閉じこめるようにしましょう。べたつくのがイヤだからと化粧水だけで終わりにしてしまうと、せっかく吸収させた水分がどんどん蒸発してしまいます。
十分に水分を含んだ肌に「フタ」をする感覚で、きちんと脂分を補っておきましょう。

紫外線対策=すぐに始めよう!

もっとも有効な紫外線対策は「日焼け止めクリーム」を塗ることです。
紫外線はその量こそ違いますが季節にかかわらず一年中降り注いでいます。ですので、日焼け止めも年間を通じて使用するのが望ましいですね。
夏場は日傘か帽子を使いましょう 室内でも紫外線を浴びていることを忘れてはいけません。紫外線Aは厚いガラスでも平気で透過してしまいますし、紫外線Bでも、家屋の薄いガラス程度なら少量は透過できてしまいます。できれば室内でも日焼け止めクリームは使用した方がよいでしょう。
さらに、紫外線が非常にキツイ季節の夏場には「日傘」が必須アイテムです。傘の色は黒い方が紫外線防止効果が高いのですが、それ程こだわらなくても大丈夫です。日傘なら色、素材にかかわらず日光の90~95%を遮ってくれます。ただ、日傘と肌の距離が30cm離れると紫外線の遮断率は40%まで激減してしまうので、傘はあまり高く持ち上げないようにしましょう。
衣服の素材としては、ポリエステルや羊毛の紫外線遮断率が高いので、夏場はポリエステルと綿の混紡素材の服が良いでしょう。
帽子にもこだわるなら、つばは7cm以上あるものを用いるようにすると、顔にあたる紫外線の60%前後をさえぎってくれます。

スポンサードリンク

Comments are closed.