スポンサードリンク

肌と紫外線

スポンサードリンク
肌にダメージを与える最大の原因は、なんだと思いますか?それは、太陽から降り注いでいる紫外線なのです。
いわゆる「肌の老化」といわれるものは、加齢を除けばこの紫外線は主犯格です。生涯紫外線を浴びなければ、しみもしわもない綺麗な生まれたままの肌でいられるはずだと考えられているほどなのです。日々のスキンケアでどんなに綺麗な肌をつくっても、ひとたび紫外線にさらされたら、肌はズタズタになってしまうのです。

紫外線対策しないと…紫外線がどの程度肌に影響を与えるのでしょうか?

夏の晴れた日に正午頃紫外線を浴びたとすると、3分間浴びただけで肌にしわをつくる遺伝子が働きはじめ、10分間浴びれば免疫力が落ちる。20分間も浴びれば肌が赤くなる。この時にはすでに手遅れ状態なのだそうです。
普段から以下に紫外線による影響を防ぐかが美は田をつくる上でのポイントといえます。

紫外線にはAとBがある

紫外線には、紫外線Aと紫外線Bがあり、肌に与える影響もおのずと異なっています。

紫外線A

この紫外線Aは真日にまで達して、コラーゲンをつくる細胞を傷つけ、またコラーゲンを切断する酵素の働きを強めて、じわじわと確実にしわやたるみをつくっていく、イヤな奴です。さらに、活性酸素をつくり出すという荒技も繰り出し、DNAを傷つけてしまいます。その結果、皮膚ガンを発生させることもあるので十分な注意が必要な厄介者です。また、窓ガラスを通って室内にも入り込んでくるという、しつこい奴でもあります。

紫外線B

この紫外線Bは、表皮に炎症(日焼けで、赤くなるサンバーンと、黒くなるサンタンとがあります。)を起こす紫外線。一般に紫外線と呼んでいるのはこの紫外線を指すことがほとんどでしょう。
肌への作用として、表皮基底層(表皮の最下層)の色素細胞に、直接あるいは表皮細胞の90%以上を占める角化細胞に働きかけ、多様な物質をつくらせることにより、それらが間接的に肌を黒くしたり、しみ・そばかすをつくってりします。肌を乾燥させてしまうので、しわも当然のようにできてしまいます。しかし、なんと言っても最大の影響は、皮膚ガンやしみ・しわなど、光老化の原因になってしまうことなのです。コワイですね。
紫外線Bの量は、季節・天気・緯度などにより変化します。日本では5月から8月にかけてがもっとも強くなります。夏は冬の5倍もの紫外線Bが降り注いでいるのです。

スポンサードリンク

Comments are closed.