スポンサードリンク

エストロゲン外用療法

スポンサードリンク
卵巣から分泌される女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンの2種類があります。このうち、エストロゲンは肌をみずみずしく滑らかにするホルモンです。女性の場合、生理後~排卵日(生理と次の生理のちょうど中間のあたり)までの2週間弱までは、お肌の調子が良いと感じる方も多いのではと思います。これは、この時期(卵胞期)はエストロゲンの分泌量が多いためだと考えられます。
排卵日から次の生理までの時期(黄体期)は逆にエストロゲンの分泌が減りプロゲステロンの分泌が増えてきます。この時期、にきびが出来たり肌が油っぽくざらついたりすることが多いと思いますが、プロゲステロンは男性ホルモンと同じ作用を持つためです。
また、男女を問わずストレスで口周りや首ににきびができるのも、ストレスに対抗するためのホルモンである副腎皮質ホルモンが、副腎から多く分泌されるためなのです。この副腎皮質ホルモンは、プロゲステロン同様男性ホルモンと同じ作用を持つのです。
生理前のにきびや、ストレスによる口周り・首のアダルトにきびには、これまで良い治療方法がありませんでしたが、エストロゲンゲルを用いた外用療法はこのようなにきび治療にとても効果的。エストロゲンが男性ホルモンと対抗し、肌荒れを予防します。
また、お肌に塗るだけでその部分の皮膚に対し作用することを目的にしていますから、ホルモン剤内服または注射のような全身への心配も少なく、男女を問わずお使い頂けます。

アンチエイジング

海外では、外用エストロゲン剤のアンチエイジング効果が盛んに研究され、しみ・しわ・たるみ・毛穴・乾燥肌に対して効果的であるというデータが発表されています。
エストロゲンは、皮膚への刺激がほとんどなく、元々体内に存在する物質なので、加齢による肌の老化現象が気になり始めたら、エストロゲンゲル外用療法が有効かもしれません。数日で肌のふっくら感やみずみずしさを実感できるようです。しみ・しわ・たるみ・毛穴の改善には2ヶ月以上を目安にお使い頂くことをお勧めします。

エストロゲンゲル使用方法

1日2回、朝晩、化粧水などでお肌を整えた後、外用して下さい。直後、軽度のピリピリ感がありますが2~3分で落ち着きます。外用後5分程度でゲルが乾いたら、保湿クリームをその上から使用したりお化粧しても構いません。

※ゲルが乾くまでの間にこするとゲル成分がポロポロ落ちてきますが、効果には変わりはありません。また、乾いた後には皮膚表面を膜状にコーティングするためにつっぱったように感じる方もいらっしゃいますが使い続けると肌の水分量が増えてきますので、安心してお使い下さい。
※生理前のにきびケアの場合も、生理前だけ外用するのではなく基本的には毎日外用するのがお勧めです。(にきびの原因となるコメドを予防するため)
※ステロイドホルモン外用剤のような、中断によるリバウンド現象はありません。
※エストロゲンの肌への吸収を良くするため、ケミカルピーリングとの併用をお勧めします。

※上記内容は一例です。医療機関により内容が異なる場合があります。

スポンサードリンク

2 Responses to “エストロゲン外用療法”