スポンサードリンク

皮膚科でにきび治療

皮膚科医院でのにきび治療

スポンサードリンク
にきびは誰でも知っている一般的な皮膚の変化だと思われる方も多いと思いますが、甘く見てはいけません。にきびはれっきとした皮膚病なのです。
赤くなったにきびがいくつもできてしまって、市販のにきび治療薬やスキンケアでは直せない、自分の手に余ると思った時は、キチンと皮膚科で治療を受けることも必要です。いたずらににきびを悪化させてから皮膚科に駆け込むより、早いうちから専門家のアドバイスや治療を受けるようにすることが、キレイな肌を取り戻す方法でもあるのです。最近はインターネットという強い味方があります。ご自宅のそばや通勤途中でにきび治療に力を入れている皮膚科医院が簡単にみつかるでしょう。ググればよいのです。

さて、その皮膚科医院でのにきび治療の種類は、おおよそ次のようなものがあるようです。治療を受ける前の知識としても知っておいて損はないでしょう。

フォトフェイシャル カメラのフラッシュのような肌に優しい光を照射して様々な肌トラブルを改善するという最先端の美容法です。フラッシュライトで、お肌の活性化を
ケミカルピーリング グリコール酸など皮膚に障害を与える液体を使って、病変を治療したり、より健康で美しい皮膚を取り戻そうとする方法。肌のターンオーバー正常化で、毛穴詰まりを予防
にきびの圧出
(にきびの芯だし)
ニキビの先端にレーザーで1つずつごくごく小さな穴をあけてにきびの元「コメド」を丁寧に除去
美容注射・美容点滴 最近では、プラセンタ注射や点滴が人気のようですが、からだの内側から体内バランスの調整をはかる効果があるようです
エストロゲン外用療法 卵巣から分泌される女性ホルモン「エストロゲン」は肌をみずみずしく滑らかにするホルモン。アダルトにきびは、女性ホルモンの肌への補充が決め手
メディカルエステ メディカルとは医療という意味で、メディカルエステとは外見的な美だけでなく医療的な観点に立ってエステ行為を行い、お肌本来の自然治癒力を引き出します
処方薬 専門医師の診察による処方薬で、ニキビの根本原因を軽減。

スポンサードリンク

Comments are closed.